SASUKEのデータを!? 朝井リョウと市川紗椰の「マニアック」対談 | BIGLOBEビューティニュース

世の中には、人の数だけ夢中になるものがある。本誌連載でも好きなモノへの愛を絶叫し続けてきた小説家の朝井リョウさんと、多趣味で知られるモデル・市川紗椰さんにハロプロから大食いまで、その愛を語っていただきました。朝井:ちゃんとお話しするのは今日が初めてなんですが、市川さんとはハロヲタ(注1)のLINEグループでつながっていますよね。あのグループの会話が市川さんの視界に入っていることが未だに不思議…。市川:私も会話に加わりたいんです! でも、みなさんの会話のスピードが速すぎて(笑)。朝井:何かにハマってる人って、骨にほんのちょっとしかついてない肉でもめっちゃ味わおうとしますよね。これはどこ産のどんなえさを食べた鶏の肉なのかとか、できるだけ背景を遡りたいし、そこから想像しうる情報は全部つかみ取りたい。日々、脳トレしているようなもので、あのグループのメンバーは絶対ボケない気がします。ハロプロの曲の歌詞だけで会話してる時とか、脳から煙出そう。市川:アニメ好きの別のLINEグループでもよく見る光景です。台詞だけで会話するっていう。朝井:市川さんは現場(ライブ)にも通ってらっしゃる印象です。市川:今年の「ひなフェス」(注2)は3回行きましたね。朝井:全4公演中の3回!?市川:ハロプロは、パフォーマンスが圧倒的に素晴らしいじゃないですか。“全力感”に心を打たれるんです。…まぁ、ひとりだけ気を抜いてますけど(笑)。朝井:どのグループの誰!?(笑) ハロプロの曲の作者はつんく♂さん含め、ステージに立つ側の人が多いですよね。だからなのか、“ファンが盛り上がれる曲”というよりは“歌う側の気持ちよさ”を優先している気がします。そこもパフォーマンスの素晴らしさにつながっているんじゃないかな、と。市川:音楽的にも素晴らしいですし、メンバーが代わっても「イズム」が継承されていって、あの名曲のあの子のパートを、今はこの子が歌うんだ…っていう、20年の歴史から生まれる物語も好きです。朝井:僕はつんく♂さんの歌詞がとにかく大好き。最近だとモーニング娘。’17の『ジェラシージェラシー』。ジェラシーを感じる女の子の特徴が羅列されているパートで、「Rich」「Young」「Girly」と来て、最後に「ホソーイ」がブチ込まれた時には度肝を抜かれましたね。突然の日本語、細い!市川:ガクッとなりますよね。そこが〝ザ・ハロプロ〞(笑)。朝井:他のアイドルグループが夏になると水着になって、おっぱいを振るみたいな曲を出す中、忘れもしないモーニング娘。’15の夏ソングは『スカッとMy Heart』。私を褒めろ、褒めまくれ、と迫り続けるとんでもない曲でした。マーケティング無視(注3)でものを作る人ならではの輝きが、ハロプロにはある気がします。その姿勢に作り手として励まされるんです。市川:小中学生時代はアメリカに住んでいたんですが、日本にいるおばあちゃんが『ASAYAN』を録画して送ってくれてたんです。朝井:うわぁ、素敵なおばあちゃん! 僕もモーニング娘。を好きになったきっかけは完全に『ASAYAN』ですね。オーディションに参加している、まだ普通の女の子たちの「私は有名になりたい。なるべきだ」みたいな、謙遜ゼロの世界が超気持ちよかった。欲望とか嫉妬って表に出していいものなんだ…って、毎週震えてました。市川:普通の女の子といえば、私は一般の方の歌も好きなんです。今でも『NHKのど自慢』を毎週録画していて。スナックにも行くし、知らない学校の文化祭に行って生徒たちの歌を聴くのも好きで。朝井:あっ、じゃあうまい歌が聴きたいだけではないんですね。市川:うまくてもいいんですけど、うまくなくても味わい深いんです(笑)。おばあちゃんには『SASUKE』と『TVチャンピオン』のビデオも送ってもらっていて。その頃から今までずっと、例えば『SASUKE』だったら山田さん(注6)は今回第何ステージまで行ったというデータを付けています。朝井:『SASUKE』のデータ付けてる人、初めて会いました!市川:データを集めること自体が好きなんです。情報をコンプリートしたい欲求があるみたいで。朝井:『TVチャンピオン』だと僕、大食い系(「元祖!大食い王決定戦」)が大好きで…。市川:データ付けてます!! もえあず(もえのあずき)(注7)ちゃんをずっと応援しているんですよ。初めは“ちょっと多めに食べる普通のアイドル”でしたよね。そこからトレーニングして女王まで上り詰めて、3連覇して本物として認められて…。今一番デートしたいのはもえあずちゃんです。食べているところをずっと見ていたい。朝井:女王戦で2位になった如注月さくらさん(注8)は、新人戦記録を塗り替えたり(45分でラーメン17杯)、結果発表で照英が大声を出している時に隠れてチョコボールを食べたりとかなりの大物でしたよね。ドクター西川率いる大食い第2世代みたいな伝説的な戦いをまた見たい! 年末の世界戦も楽しみ。市川:世界一(注9)決定戦はもえあずちゃんが過呼吸でドクターストップになって、アメリカチームに負けてしまった。次こそ、絶対女王のモリー(注10)に勝ってほしいです。朝井:モリーはアメリカでも有名なフードファイターなんですか?市川:それ、気になって調べたんですよ。英語で検索すると、モリーの戦歴とか私生活とか、いろいろ現地情報が出てくるんです。朝井:英語ができる人を羨ましいと思うことはこれまで何度もありましたが、今一番強く思いました。(注1)ハロヲタ 朝井さんが推している「モーニング娘。」や市川さんが推している「こぶしファクトリー」らが所属している、「ハロー!プロジェクト」(アップフロントグループ系)のファンのことをさす。グループの垣根を越えて、応援する傾向がある。(注2)ひなフェス 毎年3月に開催されている、ハロプロの合同コンサート。1回限りのソロ&シャッフルユニットが目玉。市川さんはモー娘。の“プラチナ期”の名曲『なんちゃって恋愛』をアンジュルムが、『気まぐれプリンセス』を℃-uteがカバーしたパフォーマンスに感動。(注3)マーケティング無視 朝井さんは同じ理由で、藤井隆さんとロイヤルホストが好き。「ロイホは他のファミレスが〝秋のキノコフェア〞をやってる時に、〝バスク料理フェア〞とか急にやり始める。世間の風潮ではなく独自の思考により生み出されたメニュー、たまらないです」(朝井)(注4)ASAYAN 1995年から2002年にかけてテレビ東京で放送された、「夢のオーディションバラエティー」(番組のジングルより)。1997年の「シャ乱Q女性ロックボーカリストオーディション」で、最終選考で落選した5名により結成されたのがモーニング娘。だった。(注5)SASUKE 1997年からTBS系で不定期放送中のスポーツ・エンターテインメント番組。オーディションなどで選ばれた100名の精鋭たちが、緑山スタジオの屋外に特設された全4ステージ構成の巨大アスレチック「SASUKE」の制覇を目指す。(注6)山田さん 山田勝己。番組常連の一般出場者たちによって結成された「SASUKEオールスターズ」の一員。第1回から出場し、「俺にはSASUKEしかない」などの名言から、「ミスターSASUKE」の称号を持っていたが、最近は序盤の池ジャンプで苦しんでいる。(注7)もえあず ギャル曽根から冠を継いだ、5代目爆食女王(3連覇中)。アイドルグループ「バクステ外神田一丁目」に所属し、大食いながらも食べる姿がかわいい。「ビーフシチュー戦で、戦績にならないパンを、おいしく味わいたいからって食べていたところも好き」(市川)(注8)如月さくら本職は歌舞伎町のキャバクラ嬢。顔バレしないためにかけている大きめのサングラスがトレードマーク。正月の新人戦で優勝し、本戦出場。5月に放送された女王決定戦では、牛骨ラーメン1杯差で2位となった。好きな食べ物はラーメン。(注9)世界一決定戦 『大食い世界一決定戦!』(テレビ東京系、不定期放送)。日本、アメリカ、イギリス、オーストラリアの各国代表4名がチームを組んで世界一を目指す。決勝・日本vsアメリカの最終試合の途中でもえあずが過呼吸になりドクターストップ。アメリカの4連覇が決まった。(注10)モリー モリー・スカイラー。『大食い世界一決定戦!』第1回(2014年〜2015年放送)からアメリカチームの最強メンバーとして、日本チームのレジェンドたちをことごとく蹴散らす。番組が付けたニックネームは、「異次元女王モリー」。夫は空軍勤務。子どもは4人。あさい・りょう 1989年生まれ。2009年に『桐島、部活やめるってよ』でデビュー、’13年、『何者』で直木賞を、’14年、『世界地図の下書き』で坪田譲治文学賞を受賞。6月30日に『風と共にゆとりぬ』(文藝春秋)が発売予定。『CDジャーナル』で小説家の柚木麻子と、つんく♂の歌詞について考察する対談を隔月で連載中。いちかわ・さや 1987年生まれ。ファッションモデルとして活躍する一方、報道情報番組『ユアタイム~あなたの時間~』(フジテレビ系)のメインMCも務める。アニメ、相撲、鉄道など多様でディープな趣味性を評価される。『週刊プレイボーイ』でハマりものコラム「ライクの森」を連載中。※『anan』2017年6月21日号より。写真・菅原景子 ヘア&メイク・菅長ふみ(Lila/市川さん) インタビュー、文・吉田大助(by anan編集部)

詳細を読む