客引き防止、地元の力で 「歌舞伎町タウン・マネージメント」奮闘 横澤夏子さんらのアナウンスで注意喚起(1/3ページ) – 産経ニュース

 国内最大の歓楽街、東京の新宿・歌舞伎町で横行する悪質な客引きを防止しようと、地域の商店街組合や企業、町内会などで構成される「歌舞伎町タウン・マネージメント」が活動を続けている。東京都新宿区OBでタウン・マネージメント事務局長の柏木直行さん(61)らは、パトロールやタレントによる注意を呼びかけるアナウンスなどで街のクリーンアップに努めている。 歌舞伎町は居酒屋やキャバクラ、風俗店、カラオケ店などが密集しており、各業種を合わせると数千店舗に上るという。以前から路上での客引きや声掛けなどが行われていたが、約10年前から路上での付きまといなど強引な客引きが目立つようになり、近年は通行の支障になるほどという。 横澤夏子さんが一肌 客引きに飲食店に連れて行かれ法外な料金を請求されるボッタクリ被害に遭ったなどと新宿署に被害が寄せられているほか、新宿区には健全経営の飲食店などから「街が悪い印象を持たれる。何とかしてくれ」との要請が相次いだという。 区やタウン・マネージメントに依頼して警備会社による定期的なパトロールを継続しているほか、平成28年7月からは、お笑いタレントの横澤夏子さんらに客引き被害について注意を呼びかけるアナウンスでの協力を要請。

続きを読む

詳細を読む